看護部紹介

看護部の理念

誠実に真摯に患者さんと向き合い、
患者さんの命と生活と尊厳を支える

看護部長ご挨拶

兵庫中央病院は、神経筋難病、重症心身障害者、結核などのセイフティネット系医療を提供しており、また内科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科などの一般医療にも重点をおいて、地域医療にも積極的に取り組んでいます。

患者さんは、疾患の特徴から、長期療養をされ、自分で意思を伝えることが難しい、日常生活行動を自己で行うことが困難な方が多くおられます。そのため看護師には、患者さんの生活の質に目を向け、地域で、病院内で患者さんが疾患を抱え、また障害を持ちながらどう生きたいのかを考え、患者さんやご家族の状況を多角的にアセスメントする力が必要です。そして、意思決定支援や日常生活支援、治療の実施等において、人の生活を支えるという看護の力が、大いに期待されており、発揮できます。

人材育成においては、「あわてず、あせらず、じっくりと・・」をモットーとし、「人」を大切にして守り育てていく環境づくりに努めています。

一人一人が、主体性をもって、知識、技術、態度を身につけ、看護師として成長することで、人としても成長してほしいと考えています。看護も自身の生活も楽しむことができ、常に笑顔で患者さんに満足していただける看護が提供できる職場で、皆さんが働きつづけられるように、支えていきたいと思っています。

看護部長 世古 与子

世古看護部長

令和6年度 看護部目標

  1. 1.
    専門性の高い、安全で質の高い看護・介護を実践する
    1. 1)
      セーフティネット系医療を中心とした専門的看護・介護の確実な実践
    2. 2)
      地域医療の推進
    3. 3)
      患者の満足と人権を尊重した看護ケアの推進
    4. 4)
      セーフティマネジメントによる安全対策の徹底
  2. 2.
    病院経営に積極的に参画する
    1. 1)
      患者受け入れ体制の整備による患者数の確保
    2. 2)
      診療報酬に係る対応
    3. 3)
      コスト削減
  3. 3.
    働き方改革・働きやすい職場づくりを推進する
    1. 1)
      ICT活用による業務改善の効率化
    2. 2)
      コミュニケーション力・レジリエンス力の向上による風通しの良い職場環境の整備
    3. 3)
      適正な勤務時間管理の徹底
  4. 4.
    自律した看護・介護職員の育成を強化する
    1. 1)
      看護・介護実践者及び看護管理者の主体的自己啓発の推進
    2. 2)
      ACTy.Ver2・CREATEに基づくキャリアパスの推進
    3. 3)
      職業人としての倫理観の醸成